白柳龍一

記事一覧(23)

ライナー・キュッヒル、久々の新録音 SACDハイブリットで4月リリース決定!

ここに聴く作品の数々は、ウィーンの四季を描き出すような趣を呈している。R.シュトラウスやクライスラーは、ウィーンがもっとも華やぐ麗しき5月の新緑や花の薫りを漂わせ、サン=サーンスは音色やリズムが陽光あふれる夏の輝きを連想させる。ドヴォルザークの民族色豊かな曲想は抒情的で思索的な秋を思わせ、プフィッナーは雪化粧に包まれる冬のイメージ。とりわけ深遠で構築性に富み、重量級の内容を備えたソナタはキュッヒルのこれまでの経験が凝縮した円熟の演奏。盟友のピアニスト加藤洋之とともにプフィッツナーの魂へと肉薄していく。キュッヒルの演奏の大きな魅力は、ひたむきさと音楽に没入していく集中力にあると思うが、このソナタでは緊迫感と作品の内奥に迫る洞察力の深さも特筆すべき。これは滅多にレコーディングされない作品ゆえ、キュッヒル盤は貴重な録音であり、彼の音楽を愛する人へのかけがえのない贈り物といえるのではないだろうか。(伊熊よし子:ライナーノートより)収録曲目:リヒャルト・シュトラウス、ヴァーシャ・プシホダ編曲Richard Strauss Transcribed by Váša Příhoda1. 歌劇《ばらの騎士》より “ワルツ”  Rosenkavalier Walzerフリッツ・クライスラー  Fritz Kreisler2. ジプシー奇想曲 Zigeuner-Capriccio3. 狩り カルティエのスタイルによるカプリースLa Chasse Caprice im Stile von Jean Baptiste Cartierサン=サーンス、ウジェーヌ・イザイ編曲Charles Camille Saint-Saëns Transcribed by Eugène-Auguste Ysaÿe4. カプリース Op.52, No.6 ワルツ形式の練習曲によるCaprice D'après l'Étude en Forme de Valse Op.52, No.6アントニン・ドヴォルザーク Antonín Leopold Dvořák5. ロマンティックな小品 Op.75 Romantische Stücke für Klavier und Violine Op.75ハンス・プフィッツナー  Hans Erich Pfitzner6. ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 Op.27 Sonate für Violine und Klavier e-moll Op.27ライナー・キュッヒル(ヴァイオリン)Rainer Küchl (Violin)加藤洋之(ピアノ)Hiroshi Kato (Piano)Recorded on 19-21 June 2018 at Gotanda Bunka Center Music HallSACDハイブリット/ RRSC-20007 発売:株式会社アールレゾナンス販売:株式会社キングインターナショナル

青柳いづみこ、高橋悠治による最新盤『春の祭典』『ペトルーシュカ』9月30日浜離宮朝日ホールにて先行販売決定!

R-Resonance(アールレゾナンス)の新録第3弾となる『春の祭典』『ペトルーシュカ』。SACDハイブリッド盤の全国一斉発売は10月7日ですが、これより一週間前の9月7日(土)、浜離宮朝日ホールで行われる「1917年のドビュッシー~最後のコンサート~」(企画・制作・ピアノ / 青柳いづみこ)会場ロビーでの先行販売が決定しました!当日は、アルバム収録曲となる『ペトルーシュカ』を青柳いづみこ&高橋悠治が1台4手連弾で演奏するほか、J.S.バッハ『ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第2番』、ドビュッシー『フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード』『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ』などが演奏されます。出演は、青柳いづみこ、高橋悠治(ピアノ)、ジェラール・プーレ(ヴァイオリン)、盛田麻央(ソプラノ)。父親のガストン・プーレがドビュッシーの『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ』を初演してから100年という記念の年に、息子のジェラールが同曲を演奏するという企画も見逃せません。●1917年のドビュッシー~最後のコンサート~(企画・制作・ピアノ / 青柳いづみこ)●開催日:2017年9月30日14時開演(13:30開場) 浜離宮朝日ホール(地下鉄大江戸線「築地市場駅」A2出口)●全席指定 5,000円 / 学生 2,000円●お問い合わせ:東京コンサーツ 03-3200-9755 (平日10:00~18:00)、朝日ホールチケットセンター 03-3267-9990 (月~土 10:00~18:00)

キュッヒル&福田進一  夢の饗宴!ヴァイオリンとギターが織りなす極上の世界(SACDハイブリッド)

ライナー・キュッヒルと福田進一という2大巨匠が夢の饗宴を果たしました!2016年、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターを退任し、さらに活動の幅を広げたライナー・キュッヒル。2017年からはNHK 交響楽団の客演コンサートマスターへの就任も決定し、日本における演奏の機会もますます増え続ける状況にあります。一方の福田進一は、国内外を問わず演奏会や国際コンクールの審査などで八面六臂の活躍をつづけ、自身のCDアルバムもすでに90枚近くに及ぶ文字どおり日本ギター界を代表する巨匠です。ヴァイオリンとギター、二人のヴィルトゥオーゾが出会い、演奏曲目に選んだのは難曲として知られる作品ばかり。キュッヒルと福田、二人が発揮した超絶技巧と緩徐楽章における詩情あふれる歌心の交歓は、圧倒的な名演を生み出しました。今回の録音で福田進一が演奏した楽器は19世紀にイタリアで製作されたGaetano GuadaniniII(1829/Itaria-Turin)、雅なサウンドながら足腰がしっかりしたアクセントを持つ楽器です。一方のキュッヒルもGabriel Lemböck(1857/Austria-Wien) を使用、まさに、ジュリアーニやパガニーニが活躍した19 世紀の空気感が蘇ります。レコーディング・エンジニアは、数々の名録音で定評のある深田晃氏が担当、今回も瑞々しく透明感に溢れながら音の芯がしっかりしたサウンド作りをしています。音質の良さを充分堪能していただくために、SACD ハイブリット盤でのリリースです!また、ライナーノートは、ジュリアン・ブリームの伝記などで知られるイギリスの音楽評論家、グレアム・ウェイド氏の書き下ろし、読み物としても興味深い内容となっています。「収録曲目」パガニーニ: 協奏風ソナタ イ長調 M.S.2ジュリアーニ: 協奏風二重奏曲 ホ短調 Op.25ジュリアーニ: 協奏風大二重奏曲 イ長調 Op.85パガニーニ:ヴァイオリンとギターのためのカンタービレライナー・キュッヒル(ヴァイオリン)、福田進一(ギター)セッション録音:2016年11月9-11日/プラザウエスト さくらホールライナーノート:グレアム・ウェイド(書き下ろし/訳・福田進一)ライナー・キュッヒル&福田進一 デュオ・コンチェルタンテ演奏ツアー予定(2017年) 8月 6日(日) 15:00開演 静岡音楽館AOI 8月10日(木) 14:00開演 軽井沢大賀ホール11月12日(日) 14:00開演 浦安音楽ホール