白柳龍一

記事一覧(25)

ライナー・キュッヒルによるバッハ「無伴奏」、SACDハイブリッドで再リリース!

初SACDハイブリッド化 !デジタルマスターからアナログマスターを作成し、最新マスタリングを経てDSD化ライナー・キュッヒルが、名器ストラディバリウス《シャコンヌ》で描き出す、J.S.バッハの音宇宙 !SACDハイブリッド盤(2019年最新マスタリング)で待望の再リリース ![商品番号: RRSC-20010/11] [収録内容]J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV1001-1006[Disc-1]1. ソナタ 第1番 ト短調 BWV10012. パルティータ 第1番 ロ短調 BWV10023. ソナタ 第2番 イ短調 BWV1003[Disc-2]4. パルティータ 第2番 ニ短調 BWV10045. ソナタ 第3番 ハ長調 BWV10056. パルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006ライナー・キュッヒル (ヴァイオリン)プロデューサー:白柳龍一エンジニア:ミヒャエル・コルンホイッスルセッション録音: 2003年4月/ ショッテン修道院 (ウィーン)★ SACDハイブリッド盤。ライナー・キュッヒルが名器ストラディバリウス《シャコンヌ》で演奏したバッハの『無伴奏』。長らく再リリースが待たれていましたが、いよいよSACDハイブリッド盤で蘇ります。★ 2016年、長い間務めたウィーン・フィルのコンサートマスターを定年退職したキュッヒルは、ソロ活動や教育活動など、幅広い分野で活躍を続けています。とりわけ、NHK交響楽団のゲスト・コンサートマスターとしての活動は、ウィーン・フィル時代の勇姿を見る思いで、私たちを大いに楽しませてくれています。本作品は、キュッヒルが52歳という壮年期にウィーンのショッテン修道院においてセッション録音されたもので、バッハへの熱い思いが込められた演奏が展開されます。★ 2017年、タワーレコードとアールレゾナンスの提携企画によるアナログレコード(300セット限定)を制作した際にキング関口台スタジオで作成したアナログマスターを使用し、2019年最新マスタリングを経てDSD化しました。従来CDの豊かで骨太な中低域と輝く高音域に加え、より柔らかくしなやかな音色が再現され、キュッヒルによるバッハ演奏の本質を見事に描き出します。

キュッヒル+メストレ黄金のデュオによる不朽の名盤『日本の歌』 SACDハイブリッド盤(2019年最新リマスタリング)で待望の再リリース!

私たちの心にのこる美しい日本の旋律、ライナー・キュッヒルとグザヴィエ・ドゥ・メストレが深い情感と共に歌いあげます。録音当時、ウィーン・フィルの第一コンサートマスターを務めていたキュッヒルは、デュオの相手にピアニストではなく、同じくウィーン・フィルの首席ハープ奏者、メストレを指名しました。キュッヒルは日本の歌の録音に際し、「日本の歌に内在する繊細で瑞々しく、豊かな抒情性を描き出すためには、ピアノよりハープによる伴奏の方がよい」と明確な方向性を示してくれました。編曲は深い抒情をたたえた作品を数多く世に送り出した巨匠・小野崎孝輔。キュッヒルとメストレは共に、小野崎の編曲に大きな信頼と強い共感をもって録音に臨みました。録音エンジニアは、ウィーン・ムジーク・フェライン弦楽四重奏団やキュッヒルの諸作などで定評のあるミヒャエル・コルンホイッスル。今回も、ウィーン・ショッテン修道院内部の豊かな残響の中に、限りなく美しい日本の旋律が浮かび上がります。今回、新たにデジタル音源をキング関口台スタジオでアナログ化、その音源ソースをもとに入念なマスタリングを経てDSDデータを作成しました。これにより、キュッヒルのヴァイオリンが、より艶やかな響きを聞かせるとともに、メストレのハープも細かい粒立ちが明瞭になりました。【曲目】1 浜辺の歌(成田為三)2 椰子の実(大中寅二)3 初恋(越谷達之助)4 早春賦(中田 章)5 芭蕉布(普久原恒男)6 荒城の月(滝 廉太郎)7 宵待草(多 忠亮)8 故郷(岡野貞一)9 浜千鳥(弘田龍太郎)10 ペチカ(山田耕筰)11 叱られて(弘田龍太郎)12 中国地方の子守歌(山田耕筰)13 かなりや(成田為三)14 さくら貝の歌(八洲秀章)15 からたちの花(山田耕筰)16 赤とんぼ(山田耕筰)※全ての編曲:小野崎孝輔【演奏】ライナー・キュッヒル(ヴァイオリン)グザヴィエ・ドゥ・メストレ(ハープ)【録音】セッション録音:2003年4月/ショッテン修道院(ウィーン)

ライナー・キュッヒル、久々の新録音 SACDハイブリットで4月リリース決定!

ここに聴く作品の数々は、ウィーンの四季を描き出すような趣を呈している。R.シュトラウスやクライスラーは、ウィーンがもっとも華やぐ麗しき5月の新緑や花の薫りを漂わせ、サン=サーンスは音色やリズムが陽光あふれる夏の輝きを連想させる。ドヴォルザークの民族色豊かな曲想は抒情的で思索的な秋を思わせ、プフィッナーは雪化粧に包まれる冬のイメージ。とりわけ深遠で構築性に富み、重量級の内容を備えたソナタはキュッヒルのこれまでの経験が凝縮した円熟の演奏。盟友のピアニスト加藤洋之とともにプフィッツナーの魂へと肉薄していく。キュッヒルの演奏の大きな魅力は、ひたむきさと音楽に没入していく集中力にあると思うが、このソナタでは緊迫感と作品の内奥に迫る洞察力の深さも特筆すべき。これは滅多にレコーディングされない作品ゆえ、キュッヒル盤は貴重な録音であり、彼の音楽を愛する人へのかけがえのない贈り物といえるのではないだろうか。(伊熊よし子:ライナーノートより)収録曲目:リヒャルト・シュトラウス、ヴァーシャ・プシホダ編曲Richard Strauss Transcribed by Váša Příhoda1. 歌劇《ばらの騎士》より “ワルツ”  Rosenkavalier Walzerフリッツ・クライスラー  Fritz Kreisler2. ジプシー奇想曲 Zigeuner-Capriccio3. 狩り カルティエのスタイルによるカプリースLa Chasse Caprice im Stile von Jean Baptiste Cartierサン=サーンス、ウジェーヌ・イザイ編曲Charles Camille Saint-Saëns Transcribed by Eugène-Auguste Ysaÿe4. カプリース Op.52, No.6 ワルツ形式の練習曲によるCaprice D'après l'Étude en Forme de Valse Op.52, No.6アントニン・ドヴォルザーク Antonín Leopold Dvořák5. ロマンティックな小品 Op.75 Romantische Stücke für Klavier und Violine Op.75ハンス・プフィッツナー  Hans Erich Pfitzner6. ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 Op.27 Sonate für Violine und Klavier e-moll Op.27ライナー・キュッヒル(ヴァイオリン)Rainer Küchl (Violin)加藤洋之(ピアノ)Hiroshi Kato (Piano)Recorded on 19-21 June 2018 at Gotanda Bunka Center Music HallSACDハイブリット/ RRSC-20007 発売:株式会社アールレゾナンス販売:株式会社キングインターナショナル

青柳いづみこ、高橋悠治による最新盤『春の祭典』『ペトルーシュカ』9月30日浜離宮朝日ホールにて先行販売決定!

R-Resonance(アールレゾナンス)の新録第3弾となる『春の祭典』『ペトルーシュカ』。SACDハイブリッド盤の全国一斉発売は10月7日ですが、これより一週間前の9月7日(土)、浜離宮朝日ホールで行われる「1917年のドビュッシー~最後のコンサート~」(企画・制作・ピアノ / 青柳いづみこ)会場ロビーでの先行販売が決定しました!当日は、アルバム収録曲となる『ペトルーシュカ』を青柳いづみこ&高橋悠治が1台4手連弾で演奏するほか、J.S.バッハ『ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第2番』、ドビュッシー『フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード』『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ』などが演奏されます。出演は、青柳いづみこ、高橋悠治(ピアノ)、ジェラール・プーレ(ヴァイオリン)、盛田麻央(ソプラノ)。父親のガストン・プーレがドビュッシーの『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ』を初演してから100年という記念の年に、息子のジェラールが同曲を演奏するという企画も見逃せません。●1917年のドビュッシー~最後のコンサート~(企画・制作・ピアノ / 青柳いづみこ)●開催日:2017年9月30日14時開演(13:30開場) 浜離宮朝日ホール(地下鉄大江戸線「築地市場駅」A2出口)●全席指定 5,000円 / 学生 2,000円●お問い合わせ:東京コンサーツ 03-3200-9755 (平日10:00~18:00)、朝日ホールチケットセンター 03-3267-9990 (月~土 10:00~18:00)